自分に合った住宅を建てる。その方法と目的を把握する。

増加する理由

安いと言う理由だけではない

新築一戸建てを建てることに固執せずに、中古一戸建てや中古マンションを住まいに選ぶ人が増えてきています。数十年前までは、新築一戸建てを所有することを最終的な目標とする人は多かったです。しかし、景気が低迷すると、新築一戸建てを建てる費用の捻出に苦労することも多くなり、中古物件を視野に入れる人が増えてきたのです。 しかし、資金が無いから中古物件に住むと言うわけではありません。若い層を中心に中古物件を安く買って、リフォームをすると言うことがトレンドになってきています。最近はリフォームの技術も高く、かつ施工費も安くなりました。中古物件を大規模リフォームしても、新築一戸建てを建てるよりはるかに割安なのです。

色々な業者が存在する

リフォームをする時は、DIYと言う方法もありますが、大規模リフォームだと少しハードルが高いです。お金はかかると言えど、プロにやってもらう方が間違いがありません。リフォームをしてもらう場合、リフォームを専門的に行っている業者に頼むことが多いですが、地元の工務店でもリフォームをしてくれます。また、少し割高になりますが、建築家でもリフォームをしてくれる人はいます。電話で問い合わせをして、打ち合わせの日を決めましょう。 また、最近ではインターネットで簡単に業者を探すことができるようになっています。しかし、どう言うところに頼むにせよ、しっかりと打ち合わせをし、詳細な見積もりを出してもらってから契約をしましょう。

↑ PAGE TOP