自分に合った住宅を建てる。その方法と目的を把握する。

売却する理由

任意売却で注意すべき点

住宅ローンが返済できなくなった人がとる手段の一つが任意売却ですが、任意売却はタイミングを逃すと行なえなくなるので注意が必要です。住宅ローンの滞納が続いて放っておくと、競売が開始されます。この競売が開始されてしまうともう任意売却は行なえません。都市銀行や信用銀行では3ヶ月の滞納で競売を申し込むところが多いので、その前に任意売却の手続きに入らなくてはなりません。 競売は、市場価格よりかなり安い値段で売られてしまうこと、手元に一切資金が残らないこと、競売の手続きに入ったことを近所に知られてしまい、強制退去させられるまで精神的負担が大きいことなどデメリットが大きいので、住宅ローンが払えなくなったら素早く任意売却の手続きをはじめる準備が必要です。

知っておくとよい豆知識

任意売却は手続きが複雑で大変なイメージがあるので、裁判所が全てやってくれる競売のほうを選んでしまうという話をよく聞きますが、任意売却も任意売却専門業者に依頼すれば、面倒で煩雑な手続きから開放されます。前述したように競売はデメリットが大きく、市場価格の5割から7割程度の値段しかつかないので、なお借金が残るケースも多いです。一方任意売却なら、ほぼ市場価格で売却でき、近所に知られることもなく、交渉次第で引越し費用や生活費も捻出でき、理解のある投資家に買い取ってもらえればなおその家に住み続けることができる可能性もあるなど、競売に比べてはるかにメリットが大きいです。 ただし、悪徳業者なども存在するようで、必要のない自己破産をさせられたり、法外な手数料を請求されることもあるようです。よく調べて、経験豊富で信頼のおける業者に依頼するのが安全でしょう。

↑ PAGE TOP